注文住宅の家にもデメリットはある!?

注文住宅はコストが高め

注文住宅を選ぶデメリットはほとんど同じような建売住宅を購入するのに比べるとコストがかかってしまうことです。注文住宅は設計の自由があり、導入する設備も基本的に何でも選ぶことができます。完全にオーダーメイドになるので業者に支払う費用が高くなってしまうことは否めません。安く済ませられるようにコストを抑えているハウスメーカーもありますが、同じメーカーが手掛ける建売住宅に比べると高くなるのが一般的です。業者としては人件費や調達費などが余計にかかってしまうため、なかなか安く注文住宅を受けられないのです。コスト面が気にかかってしまう人の場合には注文住宅にすべきかどうかは慎重に検討しなければならないでしょう。

納得できる家造りが必要

注文住宅のデメリットとして家造りに労力がかかることも挙げられます。自由度が高いのはメリットですが、自分で決定しなければ設計が決まりません。建売住宅のように既にできてしまっているものなら設計を考える必要はないでしょう。仕様を変更できないのが問題点として指摘されることがあるほどなので、基本的には設計の手間がかかるのと自由度の高さは表裏一体なのです。注文住宅は最も自由度が高い方法なので手間も他の方法よりかなりかかってしまいます。そして、納得できる形に仕上げられないと後悔してしまうでしょう。自由に設計できるからこそ失敗したときには後悔も大きくなりがちなので、本当に十分な時間と労力をかけて設計できるのかを考えてから選ぶのが大切です。