注文住宅の購入の主な流れとは

まずはイメージや予算を考える

まずは、どういった場所に住みたいのか考えるところからスタートします。自然豊かな場所がいいのか、駅の近くがいいのかなど条件を整えておくといいでしょう。その中でも優先順位をしっかり付けておくと選びやすいです。次に予算を考えます。自己資金はもちろん、ローンを組むにしてもいくらまでと決めておくと施工会社選びや土地選びをしやすくなるでしょう。また、予算の70%から80%は建築費ともいわれるので、その部分も考慮して条件を整理しておいたほうがよさそうです。他にも、外構工事などの諸費用も多く必要となるので、ギリギリではなく余裕を持った計画を立てましょう。ちなみにローンを組む場合はインターネットなどで限度額を調べることもできるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

土地探しや施工会社を選ぶ

予算やイメージが固まったら土地探しの開始です。土地探しは、その地域の不動産会社などに相談するのが一般的といわれています。広さや場所などの条件を伝えておくとスムーズに土地探しができるでしょう。大切なことは、期限を決めて土地の条件を確認しておくことです。期限を決めておくことで、迷ってしまい優柔不断になることを防ぎます。また、土地によっては「建築条件付き」など建築会社が指定されたりしている場合もあるので、必ず確認しておきましょう。そして、自分の理想の家が建てることが可能かどうかを確認することも大切です。

施工会社選びは、安定しているハウスメーカーやデザインの幅が広がる個人の設計事務所など特徴が分かれているので、ホームページ等で施工事例を見ながら理想に近い会社を選ぶことをおすすめします。あとは、話し合いながら設計をして着工、引き渡しまで待ちます。大体の期間として長くて2年半ぐらいです。